フォントを使うときの注意事項として、
フォントを提供されているサイトの、利用規約を読むことや、
オススメ本の利用規約も読むのは当然の注意なのですが・・・、

一番忘れやすくて、失敗が多い第一位!>>> フォントの画像化なんです。

どうして、そんなことをしないといけないのでしょうか?
ダウンロードした、「フォント」を、
他の人が、必ず持っているということはないです。
持っていないと、同じ文字として見る事ができません。

 

Q.同じフォントを持っていない人が、見るとどうなるのでしょうか。

・・・壊れることはないのですが、「Arial」とか「MS ゴシック」とか、
見る側のパソコンの基本設定フォントになります。

サンプル>>>画像化したもの↓

 

 

サンプル↓ 画像化してません。フォント指定しています

abcde ABCDE

私はダウンロードしているので、上下同じ文字に見えています。
でもあなたには、違う文字に見えませんか?

 

ダウンロードして、気に入ったフォントは画像化して
その文字を、見てくれる人に見せる方法はないです。。。
フォントをそれぞれの人がダウンロードして、持っていなければ、
同じように見ることができないのです。

フォントの場合、ダウンロードしているのは 『 自分だけ 』 と、十分に理解して、使ってください♪

そして気に入った文字は、ペイントなどで画像化してください!

ペイントなどでの画像化は
>>>バナーへの文字入れを、応用してみてください。

またフォントのダウンロードとインストール方法は
こちらから>>>フォントのダウンロードとインストール

関連した記事